信和保育園

【お知らせ】平成30年度新卒採用中です。中途、非常勤、パート職員も!

信和保育園について 保育計画 信和保育園での生活 食育・給食について お知らせ&Eメール 子どもプラザについて
目標の木

信和保育園の保育目標

【保育の柱】
ちょっと前の日本にはあちこちに“ふる里”がありました。赤ちゃんの夜泣きなどわからないこと、困ったことは知恵袋と呼ばれるお婆ちゃんや○▽名人と謳われるお爺さんに聞けばすぐに答えが出ます。子守唄も耳元で優しく歌ってくれました。走れるようになればガキ大将に任せておけばOK。カブトムシの捕まえ方や竹トンボの作り方、缶けりのルールに加えて「弱い者をいじめては絶対にいけない」という社会のルールまで自然に教えてくれたものでした。地域が子どもを逞しく育てる…だからこそお父さん、お母さんは安心して仕事に行けました。
21世紀を迎えて世の中は大きく変わりました。ゆとりある人間関係が薄れ、誰もが心のやり場に悩んでいます。過度に攻撃的になったり、引きこもったり。一番の犠牲者は子どもかもしれません。ゆっくりと関わってもらうヒマもなく、心が安らぐこともなく、可能な自己主張といえば泣くことだけ。しかも、泣けば「うるさい」と叱られる悪循環が待っています。
申すまでもなく幼児期は心の重要な、そして唯一無二の形成期です。優しさを知った子どもは忘れることなく次世代にその優しさを繋いでいってくれるでしょう。信和保育園では、そんな普遍の優しさや強さを持った、明るくて元気な子どもになって欲しいと願っています。ひとりひとりの子どもの欲求を満たし、何がこの子に必要なのかを保護者に寄り添いながら考え、みんなで協力し解決していく“ふる里”のような場所…職員一同そんな保育園を目指しています。

総目標「心身ともに元気なこども」
みんな仲良し!
  1. 友だちを大切にし、誰とでも仲良く遊べる、思いやりのある子ども
  2. あいさつのできる子ども
  3. 思いきり身体を動かし元気いっぱいに遊べる子ども
  4. 正しい生活習慣を身につける子ども
  5. 何にでも興味・関心の持てる豊かな感性を持つ子ども
【保育の特色について】
鳥人くん
信和保育園では講師を招いて「体育」、「音楽」(3,4,5歳児)、「絵画」(1歳児以上)、「和太鼓」、「遊び」(5歳児)の5課を行っています。 5歳児の「和太鼓」は『心をひとつにして協力し合うこと』を目標とし、「遊びの教室」では『遊びの中から様々なコミュニケーション能力を身につけ、自己主張と他者理解を深めること』を主眼に置いています。全国の小学校で大きな問題となっている「小一プロブレム」は、家庭のみならず社会全体が子どもに干渉せず放置した結果、集団行動のルールさえ教えてもらっていない子どもが増えたからだと考えています。何がルール違反かもわからないのです。対照的に言いたいことを言えず心を傷つける子どもも増えています。元気なあいさつから始まり、遊びや和太鼓を通じたコミュニケーション作りは就学前にこそ大事だと考えます。園児ひとりひとりの育つ環境は違いますが、クラスという単位で何事かを作り上げる達成感や充実感を味わってもらいたいと願っています。 給食についても管理栄養士を配し安全でバランスのいい給食を出し、アレルギー除去食も行っています。また、看護師も週2回出勤し、衛生管理や感染症対策に最善の注意を払っています。
【地域とともに】
お花
信和保育園では在園児だけではなく、地域に住む未就園児も大事な仲間だと考えています。田村公民館とともにサークル・サロンを支援し保護者の方々のご相談に応じています。また、保育園のすぐ横にある福岡市立田隈中学校を核とする「田隈中学校校区ブロック会議」(1中学校、4小学校、6保育園、3幼稚園)において、0歳児から中学校卒業までの15年間をカバーする保育・教育を話し合い、実践しています。